2016-08-27

弘前でアップルパイと珈琲を〜大正浪漫喫茶室

弘前は「りんごの街」で「珈琲の街」なのだ。

160827_a
「大正浪漫喫茶室」でいただいた、「双味庵」の”りんごパイ”


弘前は「りんごの街」ということで、街中アップルパイとシードル推し。
すばらしく力の入ったアップルパイガイドマップを発見したのですが、これ、かなり本気を出しても数軒しか巡れないだろうと思うわたしは腰抜けでしょうか。それ以前に、この中から好みを見つけるのはムズカシイ。
ということで観光スポットのひとつ、「藤田記念庭園」の洋館にあって、常時数店舗のアップルパイを提供している「大正浪漫喫茶室」で二種類を味わうことにしました。

まず選んだのは、創業70年を超える和菓子店「双味庵」の”りんごパイ”。ガイドマップに紹介されていたのは大きなホールサイズでシナモンレベル=1だったので読み飛ばしたのですが、ミニサイズがあったのですね。
じっくり煮詰められた濃厚なりんごジャムがパイに包まれていました。しかも家人にうれしいシナモン不使用(笑)。

双味庵:弘前市住吉町22-9 第2日休
和菓子


160827_b
「タムラファーム」は紅玉の煮りんごとジャムをパイに包んでボリューム満点。そしてシナモン不使用(とことん重要ポイント)。

タムラファーム:弘前市青樹町18-28 土日祝休


ところで、その昔、弘前藩士には浮腫病予防に珈琲が配給されたという歴史もあって、弘前は珈琲の街でもあるのです。そんなわけで、珈琲の街ひろさきガイドマップなんてのもある。

160827_c
「大正浪漫喫茶室」では、ネルドリップコーヒー”ひろさき”とアップルパイのセットでいただきました。

大正浪漫喫茶室:弘前市上白銀町8 藤田記念庭園洋館内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-08-24

川越黄金焼店(弘前)、オンリーワンの”こがね焼”がうますぎる!

160824_a
弘前「川越黄金焼店」唯一の商品、”こがね焼”。@60円!


今年の夏休みは弘前へ。到着してまず目指したのが「川越黄金焼店」でした。
それはそれは楽しみにしていた味。なんでも120年以上”こがね焼”のみで続く、弘前のソウルフードなのだそうです。

160824_b
一見、大判焼きのようですが、卵も牛乳も使わずもっちりとした皮。
160824_c
餡は白餡のみ。ほんの少し味噌を感じたのですが、味噌入りという情報はどこにも見当たりません。戻ってお店の人にたずねるべきだったか。
さらりとしつつもコクのある白餡だったということで。。。

大判焼きというよりは、信州のおやきに近いといいましょうか。
このもっちり具合と白餡のバランス、そしてその素朴な味わいに興奮する弘前めぐりの始まりでした。


川越黄金焼店:青森県弘前市土手町21-3

和菓子

***

では、しばらく弘前めぐりの記事が続きます。
でも、そろそろ11月の作品展の準備も進めなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-08-14

ロントモン(調布市)のパンがやっぱり好き!

160814_a
深大寺の近く、「ロントモン」のバゲット


相変わらず好きです、「ロントモン」のパン。お店にただよう空気も好きなんですよね〜。

二年前の記事では断面写真を撮り忘れていたので、いまごろ撮影してみました。

160814_b 160814_d
ドライフルーツたっぷり、“フルーツのパン”

160814_c 160814_e
たまらなく好きだ!、“クランベリーとオレンジのパン”


※過去の「ロントモン」の記事はこちら→お菓子とパンの小さな店、ロントモン(調布市)(2014/7)

ロントモン:東京都調布市深大寺東町6-18-63 日月休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-07-22

編みぐるみ和菓子店*どら焼き

160722_x
あ・うんの「どら焼き」?(笑)


編みぐるみ和菓子店の新作は「どら焼き」です。
どら焼きは初期の頃の作品にもありますが、より一般的なサイズに近くなりました。
そして二種類、関西の「三笠」のように口を閉じて餡を見せないタイプと、関東に多い(多かった)餡の見えるタイプと作ってみましたよ。

編みぐるみ和菓子店“どら焼き”
アイツもとうとう世代交代か!?


関西の「三笠」タイプといいながら、そのモデルにイメージしたのは阿佐ヶ谷「うさぎや」の、10年前のこの写真。
Usagi_a1s
関東にも「三笠」タイプが多いのです、じつは。

編みぐるみ和菓子店 第二部(第51作〜)はこちらから
編みぐるみ和菓子店(〜第50作)はこちらから

和菓子

***

編みぐるみ和菓子店のフォトブックを公開中!
編みぐるみ和菓子店 5

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016-07-19

一本堂(三鷹)/ちーずゆたか

160719_a
三鷹「一本堂」の”ちーずゆたか”。なんとなくぐるぐるっと巻いている面と平行にカットすると…

160719_b
チーズのうずまき!


というわけで以前紹介したことのある食パン専門店「一本堂」。
”ゆたか”という食パンが一番のお気に入りなのですが、曜日限定で販売されている”ちーずゆたか”がこれまた好きなのであります。

※過去の「一本堂」の記事はこちら
 →一本堂(三鷹)のシナモンラスク(2016/2)
 →けっこう嬉しい食パン専門店、一本堂(三鷹)(2015/3)


一本堂(三鷹下連雀店):東京都三鷹市下連雀7-8-15 シェリ三鷹102号(JR中央線三鷹駅より徒歩約20分) 水休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«CUPIDO(奥沢)のパン