2018-02-22

トミーズ(神戸)/パウンドケーキ

180222_a
これまたああもうほんと勘弁してくださいって呟いてしまった、神戸「トミーズ」の”パウンドケーキ”


「トミーズ」といえば、わたしが密かに推しまくっているド迫力の”あん食”をつくる、あの「トミーズ」ですよ。
先日、北野エースの10%OFFの日のこと。売り場から聞こえる店員さんの明るい声に、「あ、きっと今日は”あん食”が入荷しているんだわ」と近づけば、そこにあるのはパウンドケーキ。でもそのパウンドケーキがまたずいぶんと迫力のある雰囲気で、よくよく見れば「トミーズ」とあったのでした。

・・・ああもうほんと勘弁してください・・・

こうしてわたしはトミーズの沼にはまる。

180222_b
生クリームを使ってほどよくしっとり焼き上げた生地は、甘さのなかに塩気があって、ちょっとノスタルジックな味わい。
スライスアーモンドのトッピングと、生地にはクルミが入っています。

こんなステキなお菓子をありがとう。またときどき我が家に来てね(笑)


ちなみにご存知ない方のために”あん食”再掲。
140410_a

※「トミーズ」の記事はこちら
トミーズ(神戸)/あん食と、編みぐるみ きのこ雛〜(2016/3)
トミーズ(神戸)/あん食(2014/4)


トミーズ:神戸市東灘区魚崎南町4-2-46
 ※北野エース調布パルコ店にて購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-02-13

上野駅前岡埜栄泉総本家/イチゴチョコもなか 球体PANDA

180213_a
上野駅前「岡埜栄泉総本家」の”イチゴチョコもなか 球体PANDA”


パンダのシャンシャンが人気ですね。わたしも映像を見て「まぁーかわいいーー」と微笑むひとりです。
さて、ある日見つけたまんまるもなか。

180213_b
…仮面ライダー1号…??


まあそれは追及しないことにして。
180213_c
ホワイトチョコとフリーズドライイチゴの入った白餡がたっぷり。チョコ感は薄いものの、フリーズドライイチゴの華やかな香りは、シャンシャンの成長を祝うような(強引)。
イチゴチョコもなかってどうなのーというわたしの疑念は、意外にもあっさり払われました。
そして、いちごには白餡だろ、といういちご大福への思いは、こんな形でも再認識した次第です(笑)。

それよりわたしにとっての大きなモンダイは、このまんまるな形が、もなかの皮をより口の中に貼りつかせてしまうという……


岡埜栄泉総本家:台東区上野6-14-7

和菓子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-02-10

ベケライ・ダンケ(伊豆)/メアコーンブロート

180210_a
静岡県伊豆の国市「ベケライ・ダンケ」の”メアコーンブロート”


伊豆へ行ったのはもう1か月以上前のことなのですけど。
現地では車で移動だったので、ついでに人気のパン屋さんを巡ってみることにしたのですが、2店続けて大行列ではありませんか。さっさと諦めて、逆方向ですけど…と向かってもらったのは「ベケライ・ダンケ」というドイツパン店。
魅力的なドイツパンの中から選んだ”メアコーンブロート”は、ライ麦100%の生地に雑穀たっぷりの味わい深いパン。それはそれは好みの味でありました。

180210_b
じつは、ドイツパンの店では必ず購入する”カイザーゼンメル”。これも好きー。

180210_c
ライ麦40%の” ヴァイツェンミッシュ”

180210_d
断面

180210_e
こんな可愛らしい店構えです。


ベケライ・ダンケ:静岡県伊豆の国市三福637(伊豆箱根鉄道田京駅より徒歩15分) 奇数週の日曜、祝日の月曜休


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-01-26

守谷製パン店(小田原)/あんパン

180126_a
あ、キレイになってる! 小田原「守谷のパン」


今年の初めのこと。西伊豆へ向かう途中、思いがけず小田原で時間があいてしまいました。
 どうする? やっぱり守谷でしょ?
と、6年ぶりに守谷のパン。
10時すぎに並ぶこともなく、まだ温かいあんパンを手にして幸せいっぱいです♪

180126_b
小田原城をバックに、ホカホカのあんパン!

相変わらず餡たっぷりで素朴な味でした。

180126_c
小田原で時間があくのは大歓迎だ!

※過去の「守谷製パン店」の記事はこちら→守谷製パン店(小田原)/あんパンとロックケーキ(2012/2)


守谷製パン店:神奈川県小田原市栄町2-2-2(JR東海道本線、小田急線小田原駅より徒歩1分) 日祝休


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018-01-15

柏屋(福島県)の薄皮小饅頭、新あずき

こういうの、なんだか嬉しい。

180115_a
福島県郡山市「柏屋」の薄皮小饅頭、新あずき!


「柏屋」の薄皮饅頭は都内でもデパートなどで購入できるのですが、先日、北野エースの、いつも薄皮饅頭を置いているところを通ったら、何やら目を引く見慣れないパッケージ。全商品10%オフの日だったこともあり、迷わず買い物カゴに入れました。

180115_b
もちろん中身はいつもの薄皮饅頭。薄皮饅頭に関しては、いつも”つぶあん”を選びます。
で、その餡が、新あずき製。いち早く採れたてを入荷して、新物あずきを消費者に味わってもらおう。と、これを柏屋はこう言います。

Bean to Ann (ビーン to アン)

それはともかく、新あずきの餡というのは、少しすっきりした味わいになるような気がします。並べて食べ較べたわけではないので先入観かもしれませんが、どこのお店のものでもそう思うのです。


ところで気になったのは包装紙の題字。
180115_c
って、誰??

岩手に住む若き書道家、高橋卓也16才!
なんて力強い字だ!
「福島駅」の駅名標は、なんと高橋氏が14才のときに書かれたものだそうです。


柏屋(本店):福島県郡山市中町11-8
※北野エース調布パルコ店にて購入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-01-09

のし梅本舗 佐藤屋(山形)/冨久梅

2018年もよろしくお願い申し上げます。


180109_a
山形「のし梅本舗 佐藤屋」の”冨久梅”


はい、とっくに明けてます。今年もどうぞよろしく。
今年も元日は、中年以上4名でおせちを囲んで静かな一日でした。

新年最初のおやつは、ちょっと華やかなお菓子がいいよね、と選んだのが「のし梅本舗 佐藤屋」の”冨久梅”という、ずっしりと重たい羊羹です。
黒糖羊羹の上に、紅白の梅花の練り切りを寒天で閉じ込めて、空気の冷たさの中に春の訪れを感じるような、目にも美味しいお正月のお菓子。黒糖羊羹といっても、それほど主張せず、思いのほかすっきりした味でした。
あー元日からおいしかった!

今年もまた、美味しくて楽しい一年でありますように。


のし梅本舗 佐藤屋:山形市十日町3-10-36 元日休
※2017/12に新宿タカシマヤB1F 銘菓百選にて購入

和菓子

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«フラウピルツ(京都)/シュトレン