2016-12-05

編みぐるみ和菓子店*ごま煎餅

161205_x
編みぐるみ和菓子店に久々の煎餅登場、「ごま煎餅」!


今更ですけど、少しだけ先月の作品展の様子をご紹介します。

161205_y
ギャラリー前。

161205_z
会場内。

わかりにくいですが、今回も義父の書によって通行人の目をひく作戦。
これが評判よくて。でも和菓子店と思い込んで通り過ぎる人も多くて(笑)


さて、作品展前にブログで紹介できなかった作品その2が「ごま煎餅」です。
わりと一般的な大きさで、大丸・小丸の2枚作りました。
今回のポイントは、ごま。ごまらしく見えるように刺繍するのが・・・それ、編むところじゃないし。

編みぐるみ和菓子店“ごま煎餅”
太さの均一でない毛糸でざっくりと編んだ以前の煎餅3兄弟は、なぜか今回の作品展でも大人気でした。ごま煎餅のほうが小ワザをいくつも使っているのに、ちょっと複雑(笑)。
ごま煎餅よ、兄を見て育つのだ。もう育ちようがないけど。


161205_a
お手本にしたのは、大正3年から続く、谷中「嵯峨の家」のごま煎餅。
丁寧に手焼きされたお煎餅は、谷根千エリアの中では特に好みの味です。

嵯峨の家:台東区谷中6-1-27


編みぐるみ和菓子店 第二部(第51作〜)はこちらから
編みぐるみ和菓子店(〜第50作)はこちらから

和菓子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-11-23

編みぐるみ和菓子店*貝の干菓子 と編みぐるみ和菓子店からのありがとう

161123_x
編みぐるみ和菓子店初のお干菓子は「貝」!


3年半ぶりの作品展「編み菓子〜編みぐるみ和菓子店の展」(2016/11/15〜20 @谷中・ギャラリーTEN)は無事終了いたしました。
ご来場いただいたみなさま、誠にありがとうございました。Twitterなどやらない私に代わって、情報を拡散してくださった方々には、心より感謝申し上げます。

いつも作品展をすると、いくつもの反省や次につなげたいこと、やりたいことを並べるのですが…じつは今回は「最後」のつもりで臨んだので、反省も次も何もない!(笑)
・・・でも、また数年したら何かやりたくなるかもしれません。というわけで、

またいつの日か!!


さて、作品展前にブログで紹介できなかった新作その1が「貝の干菓子」。
型押しのお菓子は編むのも難しくて、何回も何回も編み直してやっと完成にこぎつけたものであります。

編みぐるみ和菓子店“貝の干菓子”
こぎつけただけに、どんぶらこ(?)


この作品を見て「豊島屋だね!」と言ったひとがいました。
161123_a
その通り、お手本は鎌倉「豊島屋」の”和賀江島”!

わかっていただけて、作った甲斐があったと嬉しさがこみ上げる。貝だけに。
「豊島屋」は”鳩サブレ”だけでなく、こんな素敵なお菓子もあるのです。

豊島屋:神奈川県鎌倉市小町2-11-19


編みぐるみ和菓子店 第二部(第51作〜)はこちらから
編みぐるみ和菓子店(〜第50作)はこちらから

和菓子

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016-11-06

編みぐるみ和菓子店*金平糖

9年ぶりのいろはにこんぺいとう。
161106_x
カラフルになった、編みぐるみ和菓子店の「金平糖」!


うひゃひゃ。可愛かろう? うん、かわいいカワイイ♪
と、まるで親バカ状態ですけど。

過去の作品展でも人気の高かった金平糖ですが、「もっとたくさんあると、もっと楽しい」という声もいただいておりました。
「いやーこれ編むの大変なんですよー」と、やんわり拒否してきましたが(笑)、このたび思い切って増量しちゃいました。だって、ほんとに楽しいし可愛い!!(いつもの自画自賛につき、放っておいてください)

071012_x
ちなみにこちらが9年前の金平糖。新作はこれよりひとまわり小さくなりました。

編みぐるみ和菓子店“金平糖”
あえて新旧対決はせず、新たな気持ちで金平糖。


071012_a
こちらは京都「緑寿庵清水」の”天然みかんの金平糖”。これも9年前の写真です。
さすがに編みぐるみはホンモノの小ささにはまだ及びません。もちろん、ツノの数も及ばず。

緑寿庵清水:京都市左京区吉田泉殿町38番地の2


編みぐるみ和菓子店 第二部(第51作〜)はこちらから
編みぐるみ和菓子店(〜第50作)はこちらから

和菓子

***

ああこの金平糖を手にとって愛でていただきたい。そんな機会でもあるのです、作品展。
お時間があったら、ぜひ。

編み菓子
 〜編みぐるみ和菓子店の展〜

 2016/11/15(火)〜11/20(日)12:00〜19:00 ※最終日は17:00まで

 会場:ギャラリーTEN
  東京都台東区谷中2−4−2

詳細はこちらの記事をご覧ください。
作品展「編み菓子〜編みぐるみ和菓子店の展」のご案内

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-11-05

編みぐるみ和菓子店*栗蒸し羊羹

161105_x
栗! 栗! 栗! 「栗蒸し羊羹」


秋の楽しみのひとつ〜編みぐるみ和菓子店の最新作は「栗蒸し羊羹」。
「栗蒸し羊羹」っていくつかのタイプがありますが、どれを一番に思い浮かべますか?
いろいろ考えたうえで、作りやすさと分かりやすさでこのタイプにいたしました。

編みぐるみ和菓子店“栗蒸し羊羹”


161105_a
ほんとはこんなふうに栗をみっちりたっぷり編みたかった(笑)。
こちらは浅草「龍昇亭西むら」の栗蒸し羊羹。

龍昇亭西むら:台東区雷門2-18-11火曜不定休
 ※高島屋新宿店銘菓百選にて購入

編みぐるみ和菓子店 第二部(第51作〜)はこちらから
編みぐるみ和菓子店(〜第50作)はこちらから

和菓子


***

11月に谷中で作品展をします!

ということで、いよいよ開催日が迫っておりますが、なぜかここへきて「編みたい熱」が急上昇しております。いやもう、どこかで止めないと。設営の準備に入らないと。
・・・つまり、頭も気持ちも資料も小物もとっ散らかって大変なことになっているのです。でも、会場の様子を思い描いてワクワクしているのもまた事実。楽しみだわ〜。


編み菓子
 〜編みぐるみ和菓子店の展〜

 2016/11/15(火)〜11/20(日)12:00〜19:00 ※最終日は17:00まで

 会場:ギャラリーTEN
  東京都台東区谷中2−4−2

詳細はこちらの記事をご覧ください。
作品展「編み菓子〜編みぐるみ和菓子店の展」のご案内

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-10-22

編みぐるみ和菓子店*今川焼

161022_x
あふれるほどの粒あん! 「今川焼」


気温が下がってくるとだんだん恋しくなってくるのが「たい焼き」や「今川焼」なんですよね。
そんなわけで、編みぐるみ和菓子店の新作も「今川焼」。

久しぶりにへらへら笑いながら切り口ならぬ割り口を編みました。そのせいか、ちょっと下品な仕上がりのような気もしますけど(笑)。

編みぐるみ和菓子店“今川焼”
その割り口は、ある意味ホラー。


161022_a
こちらは調布の人気店「あずきや安堂」の今川焼。
皮がふんわりとした、どちらかというとどら焼き生地寄りな焼き上がりです。

あずきや安堂:調布市布田1-36-10(京王線調布駅より徒歩2分)


161022_b
根津の甘味処「芋甚」の”昭和焼き”は、今週から再開しました。再開した途端、夏日になりましたけど。
こちらの皮は厚みがあって表面はカリッと焼かれたタイプ。全体に小ぶりで高さのある個性派です。

芋甚:文京区根津2-30-4(東京メトロ千代田線根津駅より徒歩5分) 月休


編みぐるみ和菓子店 第二部(第51作〜)はこちらから
編みぐるみ和菓子店(〜第50作)はこちらから

和菓子


***

11月に谷中で作品展をします!
紹介した「芋甚」の前を通り過ぎてさらに2〜3分進んだところにあるギャラリーです。


編み菓子
 〜編みぐるみ和菓子店の展〜

 2016/11/15(火)〜11/20(日)12:00〜19:00 ※最終日は17:00まで

 会場:ギャラリーTEN
  東京都台東区谷中2−4−2

詳細はこちらの記事をご覧ください。
作品展「編み菓子〜編みぐるみ和菓子店の展」のご案内

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-10-13

小山せんべいと開雲堂のロシアケーキ(弘前)

161013_a
「小山せんべい店」の”豆せんべい”と”手焼きピスタチオせんべい”


弘前には「南部煎餅」に似た「津軽せんべい」というものがありました。
似てるといっても、材料はほとんど同じながらその見た目はずいぶん違うもので、クッキー生地の南部煎餅よりもずっとずっと硬い。その力強い雰囲気にちょっと心躍ってしまうのはわたしだけでしょうか。

がりっとしてごりっとして、ぼんやり食べていたらこれまた「大阪屋」の”竹流し”に続いて口内傷つけました。

161013_b
じつは本店の近くまで行きながら、時間がなくて立ち寄ることができなかったので、帰りの八戸駅で購入。八戸駅前のお店は、関連会社「小山悟商店」となっていますが。


小山せんべい店 大浦町本店:青森県弘前市大浦町5-3

***

がりっごりっついでに(?)、これも載せておこう。

161013_c
前回書かなかった「開雲堂」のロシアケーキ

素朴〜。素朴で嬉しい〜。口内傷つけることはなかったけど、がりがりと食べました。


開雲堂:青森県弘前市土手町83 火休

和菓子

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«開雲堂(弘前)/卍最中とコーヒーボックス